歯科初診の際の予約

初診で歯科へ行くときは

初めて行く歯科は必ず予約を

ほとんどの歯科では予約制、完全予約制となっており、事前に電話連絡をして都合の良い日時を予約しなければいけなくなっています。急に歯の痛みを覚えて、いきなり飛び込むケースも少なくないですが、初診の場合はあらかじめ電話しておけば、すぐに診察を受けることができます。急患としてどこの歯科でも受け入れてはくれますが、予約制となっているとすぐには診てもらえないこともあるので注意が必要です。 また、初診の場合は必ず健康保険証の提示が必要です。待ち時間の間、問診票を記入しなければいけないところもあります。自身の生活習慣や歯の状態など、詳細を明記することによって、スムーズに治療を受けることができます。

初診で行く時について

初診で歯科に行く時は、その病院に行くまでに電話で予約を取り、それから行った方が良いです。予約なしで歯科に行くと長時間待たされる事が多いからです。また、病院の状況によってはその日に治療を受ける事ができない可能性もあります。初診からスムーズに治療を受けたい時は、自身が治療を希望する病院に連絡を取り、予約をしてからそこに行くべきです。初回の診療は、検査や今後の治療方針の説明等時間が長くなるケースが多いです。予約なしで行くと非常に多くの時間を病院に費やす事になります。予約をしていけば、時間を少しは短くする事ができます。

日本の歯科に関する情報

© Copyright 日本における歯科とは. All rights reserved.