歯科治療の方法は様々

歯科が気をつけている事柄

歯科によるいろいろな治療法

歯科にはいろいろな治療法があり、その中の一つに歯根分割術というものがあります。これは下の奥歯の根分岐部というところに限定して病巣がある場合に行われる治療法です。かなり難しい部類に入る技術ですが、この方法で治療すれば歯を小さい2本の歯にして、歯を残しながらいい状態を保てるというメリットがあります。病巣部の治療をしたあとは、クラウンをかぶせて歯の隙間は歯間ブラシでメンテナンスしていくことになります。かぶせるものはその状態で歯科で単独のクラウンにするか、連結タイプにするかが決定されます。非常に効果的な治療法です。

歯根分割を知っていますか?

最近の歯科は、なるべく歯を残す方法をとって治療するのがメジャーになってきています。歯根分割というのは、歯を残すための技術です。歯茎に埋まっている根のところが虫歯になってしまうと、削る事ができないため抜くしかなくなってくるのですが、二股になってる根のちょうど股のあたり(根分岐部)が虫歯になった場合には、歯根分割という方法で治療する事ができます。まず真ん中の歯を虫歯になってる場所ごと縦に切り取ってしまいます。そうする事によって、一つの歯が二つに分かれます。その後で連結クラウンを使って二つの歯をまた一つに戻します。このような温存的な治療は積極的に行われるべきなので、もし歯科で「抜歯を」と言われた場合には、歯を残して治療する方法はないか聞いてみましょう。

日本の歯科に関する情報

© Copyright 日本における歯科とは. All rights reserved.